経理DXの第一歩:経理マンは銀行窓口に行くな!

自社の経理の方が何かの用につけて銀行窓口に行くことはありませんか?もし、一ヶ月に複数回も窓口に行っている経理マンがいるならば、アナログ処理が残っているということです。経理DXが整っていれば経理マンが窓口に行くことはありません。以下の方法を参考に一つずつ減らしていきましょう。

営業入金は現場の人が入金するのが鉄則

飲食店などでその日の売上金を経理マンが入金に行くのを見かけますが、これはアナログ/デジタル云々の前にコンプライアンス的にアウトです。経理は「記帳と財務を分けるのが鉄則」となっています。お金を入金する人と帳簿をつける人が同じだと入金額をごまかすことが容易にできるため、不正の温床となります。これはすぐにでもやめましょう。また、どうしても経理マンが行かなければいけない時は社長自ら金額をチェックしましょう。

日々の出金はウェブバンクで完結しよう。

業者への買掛金や従業員給与、税金などの支払は、全て銀行のウェブバンクを活用すれば、会社で支払うことができます。銀行窓口に行く必要はありません。出金の日は大抵の日が銀行窓口が混む日なので、経理マンが1日帰ってこないなんてことも聞きますが、これは大変な人件費の浪費です。

クラウド会計システムで日々の入出金管理も楽々管理。

経理マンが通帳を握りしめて毎月銀行窓口に行っていませんか?通帳記帳もクラウド会計システムを導入し、御社の銀行窓口を連携させれば簡単に通帳記帳が行うことができます。クラウド会計システムは税理士さんとの数値連携もリアルタイムで出来るようになるので、決算業務も効率化が見込めます。

日々の業務に忙しいのであれば経理のプロに業務改善依頼を。

経理マンの方が日々の業務に忙殺されて、なかなか改善業務に取り組めなかったり、改善してもシステムをどう使いこなせばいいかわからない時は経理のプロに業務改善を依頼してみてはいかがでしょうか。

税理士の方は「正しい申告こそが会社への貢献」と教わっている方が多く、なかなか会社の業務改善を見ていただける方は少ないです。経理マンがもっと活き活きと働くために、デジタル化を推進していきましょう。